スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「本日、天気晴朗なれど浪高し」Tシャツ

IMG_1222.jpg
日本元気劇場で買ってきたお土産です。
じゃじゃーん!(゚∀゚)
「本日、天気晴朗なれど浪高し」Tシャツでおま。
(本当は紹介するのを忘れていました(笑))

これを着て歩くと、歩き方がT字になること請け合いです。^^

あ、でも、うちのブログのタイトルと違って、「天気晴朗なれど浪高し」の「も」が抜けてますね。
Wikipediaと今読んでいる「秋山真之戦術論集」によると
敵艦隊見ユトノ警報ニ接シ聯合艦隊ハ直チニ出動、コレヲ撃滅セントス。本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」
となっているのですけど、どっちが正しいのだろう。

続きを読む »

スポンサーサイト

湊川神社

PB280212.jpg
湊川神社は、明治5年(1872年)5月24日に創建された、比較的新しい神社です。
現在の社殿は、戦災によって焼失したものが昭和27年10月24日に復興新築されたものだそうです。

PB280214.jpg
楠木正成の墓は長らく荒廃していましたが、元禄5年(1692年)に徳川光圀が「嗚呼忠臣楠子之墓」の石碑を建立しました。
これが御墓所(楠木正成墓碑)です。

PB280224.jpg
延元元年(1336年)5月25日の湊川の戦いの際、楠木正成はこの殉節地(楠木正成戦没地)にて戦死したと伝えられています。
案内を頼めば門内も入れたようだったのですが、丁度七五三のシーズンで、社務の人も忙しそうだったので、諦めることにしました。

PB280232.jpg
こちらは湊川公園の楠木正成像です。
跳躍感があって良い感じですね。雑誌などによく掲載されています。
湊川公園にはこれ意外には特にめぼしいものは無いようでした。

続きを読む »

KOBE鉄人三国志ギャラリー

PB280200.jpg
鉄人28号モニュメントに三国志のポスターが一杯張ってあったので、興味を引かれて長田の商店街を散策することにしました。
朝市とかもやっていて、なかなか活気があります。^^

PB280198.jpg
…相変わらず、劉禅の扱いはヒドイ(笑)。
商店街のあちらこちらに三国志関係の石像やらポスターやら旗などが立ててあって、横山光輝の鉄人28号と三国志で町おこしということみたいです。

PB280206.jpg
おーなんか楽しそうですね。^^
商店街の人が、三国志のコスプレをしたときの写真みたいです。
若いねーちゃんがいないのが、涙を誘う…。(ノД`)

こちらは、KOBE鉄人三国志ギャラリーです。
それほど広くないですが、鉄人28号と三国志関係の展示と、土産物が売っています。
あと、長田が阪神淡路大震災の被害から復興した記録も展示してありました。

こちらの方は実はノーマークだったのですが、意外と楽しめました。
境港の水木しげるロードと違って、手作り感が強かったですが、それもまた味なんだと思いました。
下町のせいか、商店街の人たちも親切な感じでした。^^

続きを読む »

鉄人28号モニュメント

PB280190.jpg
錦さんと別れて、SGさんとそのまま大阪に入り、新大阪で一泊した後、11月28日に神戸長田の鉄人28号モニュメントを見てきました。
新長田駅から西に暫く進むと、ビルの谷間からにょきーん!と\(^o^)/

PB280191.jpg
でかい、でかすぎる。^^
鉄人28号を見ていなかったので知らなかったのですが、全長18メートルと、ガンダムと同じ高さらしい。
横幅があるので(笑)、ガンダムより巨大に感じます。

PB280192.jpg
下をくぐってみる(笑)。
何故かお尻のところに穴がある…。^^;
まぁ内部の空中部分に溜まった湿気や露を排出するためかな。

PB280195.jpg
後ろ姿もかっちょええ!
と思ったら原型師が速水仁司らしい。
そりゃ出来が良い筈だわ。

続きを読む »

一乗谷朝倉氏遺跡

PB270172.jpg
福井県福井市城戸ノ内町にある一乗谷朝倉氏遺跡へ行きました。
私は行くのは、多分3回目です。
ここは、城跡や朝倉館跡だけではなく、復元ですが、城下町の町並みが再現されてます。
寒い中、時代衣装を着た人もいて、ご苦労様です。^^

PB270174.jpg
発掘調査によって、かなり忠実にかなり再現されていて、再建されなかった屋敷跡には礎石が置かれています。
一乗谷川や近隣の山といった景色も風光明媚で、なかなか良いかと。

PB270180.jpg
こちらは朝倉館跡です。
唐門は、朝倉義景の菩提寺の松雲院の山門が移築されたものです。
山側以外の三方には、土塁と堀があります。

PB270182.jpg
館跡庭園から朝倉館跡の全景を撮影したものです。
発掘調査によって、建物の縄張りは判明しているようで、礎石が置かれています。
足利義秋がこの地に滞在したのもむべなるかなという感じの立派な屋敷跡でした。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。