スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋山真之戦術論集

akiyama.jpg
 タイトル:秋山真之戦術論集
 著者:秋山真之
 編集:戸高一成
 出版社:中央公論新社

本書は、秋山真之が海軍大学校教官時代に行われた講義録を集めたものです。
口述書であるため、反訳時に文語調にされてはいますが、戦前の本としては比較的読みやすいです。
本書には、海軍基本戦術第一篇、海軍基本戦術第二篇、海軍応用戦術、海軍戦務、海軍戦務別科が収められています。秋山は戦術教官であったため、これらはいずれも戦術に関する講義です。
本書の価値は、目次を見るだけで海軍戦術に詳しい人なら、十分に分かると思いますので、参考に文末に目次を記しておきます。

秋山は日露戦争前後を通じて海軍大学校教官をしていましたが、本書は日露戦争後の版を元にしています。
そのため、日露戦争で行った、あるいは日露戦争を教訓として得られた、秋山戦術を知るのに最適の本です。
ただし、直接的に日露戦争に関する記述は余りなく、一般的な戦術の具体例として挙げられているだけです。

秋山自身は海軍戦略に関する本も出版していますが、帝国海軍は秋山には戦略に関する講義を担当させませんでした。
戦略と異なり、戦術は分野ごとの特性が強くでる傾向があります。ことに海軍は術科的・専門的な面が強いので、一般的・普遍的な価値を見いだすのは難しいかもしれません。
アマゾンに、ビジネス参考書として読んだところ途方に暮れた旨の書評がありましたが、海軍戦術に興味が無い人には余り意味がない本だと思います。

本書でもっとも興味が引かれる部分は、艦隊運動に関する記述、ことに日本海海戦における敵前回頭による丁字戦法についてでしょう。
敵艦隊の進行方向を押さえて集中射撃を行う丁字に持ち込むために、反航戦(艦隊同士がすれ違う形態の戦闘)から急回頭により同航戦(艦隊同士が並走する形態の戦闘)に移行した訳ですが、秋山自身は乙字の変形で、優速時に有効とあっさり書いているだけです。
つまりは、日本海海戦における戦術は、秋山にとっては奇策ではなく、本書に記述された艦隊運動を組み合わせたものにすぎないという位置付けのようです。

続きを読む »

スポンサーサイト

マハン海軍戦略

mahan.jpg
 タイトル:マハン海軍戦略
 著者:アルフレッド・セイヤー・マハン
 翻訳:戸高一成
 出版社:中央公論新社

アルフレッド・セイヤー・マハンは、「坂の上の雲」に出てくるように、秋山真之が米国留学中に師事した人物です。
本書は、「坂の上の雲」で秋山真之がアルフレッド・セイヤー・マハンに会った際にサインして貰った海軍戦略についてのテキストですが、訳書の版は日露戦争以降の比較的新しいものであり、秋山が学んだ本そのものではありません。
しかし、日露戦争以降の教訓が反映されていますから、秋山が目指した方向性には、むしろ沿うものだと思われます。

本書は、多数の章分けがされていますが、基本的な流れは、
1.史例の紹介と解題
2.戦略論の定立
3.カリブ海での情勢への当てはめ
4.日露戦争への当てはめ
となっており、戦史の解析から戦略論を打ち立て、それを(米国にとって当時重要だった)カリブ海と、実際に戦闘が行われた日露戦争に当てはめてみるという構成になっています。

マハンの戦略で特に強調しているのは、集中の原則です。
マハンも指摘してますが、地形の障害を余り受けず、機動力に富む海軍は、海軍の行動は防者であっても必然的に攻撃的となり、攻撃時には戦力の高い方がますます有利となるランチェスター法則が適用されますから、兵力を集中させて、高い戦力で戦った方が有利となります。
しかし、単純に総兵力が高い方が必ずしも勝つ訳ではなく、重要な戦略地点を押させ、戦略線を維持して、艦隊の戦力を保持しなければ、兵力の集中も、戦力の維持もできません。

本書は、基本的に海軍戦略のみを扱った本ではありますが、特に海軍特有の術科的・技術的な本ではなく、戦略論に関する基本的な概念を扱ったものですから、その戦略論は別の分野にも応用できるものです。
先に述べたとおり、海軍の行動は、地形の障害や住民の抵抗など、純粋な戦力のぶつかり合い以外の要素がそれほど多くありませんから、むしろ純粋な戦略論の本としては分かりやすい本になっていると思います。

続きを読む »

無血戦争

 タイトル:無血戦争
 著者:Peter P. Perla
 翻訳:井川宏
 出版社:ホビージャパン

本書出版時は、タイトルの奇抜さと湾岸戦争など地域紛争が多発する時代に突入していたことから、新聞の書評にも取り上げられていた書籍です。
著者のパーラー博士は、オペレーションズ・リサーチ・アナリスト兼プロのウォーゲーマーであり、無血戦争とは流血を伴わないウォーゲームを比喩的に表したものです。(因みに、原題は"The Art of Wargaming: A Guide for Professionals and Hobbyists"です。)
しかし、結構高かったのと、立ち読みの結果、プロ用のウォーゲームへの論述の比重が高いことが分かったので、当時は購入しませんでした。今回、愛知県図書館からお借りすることによって初めて目を通すことができました。^^

本書の構成は次のようになっています。
第1部:背景 ウォーゲームの歴史について述べられています。
第2部:原理 ウォーゲームのデザインについて述べられています。ただし、プロ用のウォーゲームを中心に述べられています。
第3部:将来の展望 主にプロ用のウォーゲームの将来性と活用方法について述べられています。

本書はプロ用とホビー用のウォーゲームの双方について言及されていますが、プロ用とホビー用のウォーゲームの違いは、第2部でも明らかなように、その目的において異なります。すなわち、プロ用のウォーゲームの目的は、教育目的や戦略立案・検証目的であり、ホビー用のウォーゲームは娯楽目的です。
また、ウォーゲームとオペレーションズ・リサーチは質的に全く異なり、プロ用のウォーゲームの焦点は意思決定過程であり、プレイ後のブリーフィングではその決定の当否が議論の中心となります。リアリズムは審判官の判断やコンピュータのサポートシステムに依存しますが、ウォーゲームのモデル化についての議論は焦点を外したレベルの低い議論であり、避けるべきとされています。
ホビー用のウォーゲームにおいては、ミリタリー的な興味を満たすリアリズムもゲームの焦点の一つであることは論を待ちません。

結論的に言えば、本書ではプロ用とホビー用のウォーゲームの融合を目指しています。本書発行時の1990年(訳書は1993年発行)頃には、SPIやVictory Gamesなど、オペレーションズ・リサーチの手法を取り入れたゲームメーカーや、ダニガンやマーク・ハーマンなど国防総省のゲームデザインを下請けしていたデザイナーも健在でしたが、本書発行時から既に20年経ちました。
現在では、ゲームシステムの斬新さに特化した作品や、カード・ドリブン・システムに見られるような、歴史的イベントを追認するに過ぎないゲームも増えて、プロ用のウォーゲームの目的である、教育目的や戦略立案・検証目的とは完全に乖離したホビー用のウォーゲームが増えているように思われます。
しかしながら、歴史的興味やミリタリー的な興味を満たす、娯楽目的としては、むしろ進化していると言えるのでしょう。

ともあれ、プロ用のウォーゲームへの論述の比重が高く、ホビー用のウォーゲームにのみに興味がある方にはお勧めしませんが、プロ用のウォーゲームも含めて興味がある方には、参考になるのではないかと思います。

続きを読む »

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

manager.jpg
 タイトル:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
 著者:岩崎夏海
 出版社:ダイヤモンド社

「もしドラ」の略称で有名な本書は、2009年12月4日にダイヤモンド社で出版されるや、ビジネス書とは思えない、萌え本やライトノベルを彷彿とさせる表紙で話題を呼び、2010年12月現在の発行部数は192万部、後に出された電子書籍版が10万部の売り上げを記録しました。
そのため、2011年3月14日から25日までの22時55分にNHK総合テレビでアニメ化の予定であり、2011年6月にはAKB48の前田敦子の主演で映画化が予定されています。
という訳で、話題先行の感もある「もしドラ」ですが、電子書籍版が800円とお手頃だったので買ってみることにしました。

本の体裁自体はビジネス書や経営学の本といった感じではなく、完全に小説、それもライトノベルのノリです。(本当はライトノベルを読んだことはないのですが…多分、こんな感じなのでしょう。)
なかなか軽快に読める、というか読み飛ばしそうなノリなので、電車に乗ってる間とかに読めやすい、電子書籍にピッタリだと思いました。

ストーリーは、とある高校野球の女子マネージャーが、甲子園を目指す指南書として「マネジメント」を選び、困難にぶつかる度に「マネジメント」よりヒントを得て、チームを導いていくという話です。
余り詳しく書いてしまうとネタバレになるのですが、重要な戦略の一つとしてイノベーションがあります。

マーケティングだけでは企業としての成功はない。静的な経済には、企業は存在しえない。そこに存在しうるものは、手数料をもらうだけのブローカーか、何の価値も生まない投機家である。企業が存在しうるのは、成長する経済のみである。あるいは少なくとも、変化を当然とする経済においてのみである。そして企業こそ、この成長と変化のための機関である。
したがって企業の第二の機能は、イノベーションすなわち新しい満足を生み出すことである。経済的な財とサービスを供給するだけでなく、よりよく、より経済的な財とサービスを供給しなければならない。企業そのものは、より大きくなる必要はないが、常によりよくならなければならない。


ここから新たな発想により、新たな戦法を導いて、甲子園を目指していく訳ですが…。
ここまで読んだ人での中には、「資本や戦略よりも、個人の特性が重視されるアスリート競技の非営利団体なのに、何故に経営学が?」と疑問に思った人がいると思います。
ハイ、確かにそのとおりです。
でも、それを言ってはオシマイです(笑)。
今、「秋本真之戦術論集」というのを読んでいるのですが、アマゾンの書評に「ビジネス書として買ったが、これをどうビジネスに生かせばいいのか…」という評があったのですが、純粋な海戦術書を買ってビジネスに生かそうとする方が悪いのです(笑)。

とにかく読み物として、また入門というかガイダンスとしては格好の本だとは思いますので、興味がある人にはお勧めしておきます。

続きを読む »

塩野七生「ローマ人の物語」の旅

romeguide.jpg
 タイトル:塩野七生「ローマ人の物語」の旅
 著者:新潮45編集部編集
 出版社:新潮社

ローマ史に興味を持てば、実際に現地を見てみたいという欲求が出てくるのは妨げられません。
この本は、ローマの名所・旧跡を紹介するほか、著者へのインタビュー、公演の収録など、「ローマ人の物語」ファンには楽しめる内容になっています。
同様の書物としては、既に紹介した「塩野七生『ローマ人の物語』スペシャル・ガイドブック」がありますが、この本は、飲食店やホテル、土産物店の紹介など、より実践的な内容になっています。
ただし、出版年(1999年)からかなり経過したので、特に商業施設の紹介については、変わっている可能性が高いことは注意した方が良いでしょう。

いずれにせよ感嘆させられるのは、中世にかなり失われたとはいえ、首都に存在する、2000年以上前の文化財遺産が、今でも大切に扱われて残っていることです。
私も一度はイタリアへ行ってみたいのですが、どうせ行くのなら、一般の人と普通の名所を回るだけではなく、気の置けない人と一緒に、このガイドブックになるような、ローマ史をより深く味わうような旅をしてみたいですね。
一人で外国に行く勇気はないので、誰か一緒に行ってくれないかな。^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。