スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙
 硫黄島からの手紙
 監督:クリント・イーストウッド
 主演:渡辺謙

花子、この手紙が着くことはないだろう。
でも、お前と赤ん坊だけが気がかりだ…。

「父親たちの星条旗」に続く、硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品が、「硫黄島からの手紙」です。
渡辺謙演じる栗林忠道中将ら日本軍の将兵が書いた手紙を通して、物語は展開されていきます。

この映画は「父親たちの星条旗」とは違い、ほぼ全編硫黄島での戦いを扱っていますが、硫黄島での戦闘描写はかなり正確です。
バンザイ突撃を禁じ、長期持久を狙う栗林中将の英明さ、バロン西中佐のスマートぶり、陸軍に協調せず勝手な判断で動く海軍など、硫黄島でのエピソードを忠実に描いています。
見ているときは、この作品についてもクリント・イーストウッドが監督を勤めているとは知りませんでした。
とかく外人が描く日本兵というのは、やたらバンザイ・ハラキリをしてくる、狂気に満ちた残虐な兵士というステレオタイプのものですが、この映画ではそういう面はなく、一人の人間として扱われています。
また、逆に日本人監督だと、悲壮さが強調されて、ややもするとお涙頂戴という感じになってしまいますが、むしろ外国人監督なので、客観的に描かれています。
冷静な視点で描いた硫黄島での戦いを通じて、戦争の惨たらしさが浮き彫りになってくるといった感じの作品です。

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。