スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大清花餃子

P1010238.jpg
 店名 : 大清花饺子
 種別 : 餃子店
 住所 : 中国辽宁省大连市沙河口区黄河路 653-655号
 電話 : 0411-66996666‎‎
 紹介 : 中国の餃子チェーン店

中国東北部では、餃子を食べながら新年を迎えるそうです。
という訳で、本日の晩ご飯は水餃子、焼き餃子、蒸し餃子などの各種餃子料理でした。
どうも上海など中国各地に店を持つ、餃子のチェーン店のようです。

日本では餃子と言えば焼き餃子ですが、中国では水餃子が一般的です。
とはいえ、やはり日本人には焼き餃子の方が馴染みがあるようで、焼き餃子に人気が集まっていました。
個人的には、中にスープが入っていた蒸し餃子が美味しかったかな。

因みに、マントウとかも一緒に出ましたが、基本的に中国では餃子はおかずではなく、主食なのだそうです。
考えてみれば、特に水餃子は、薄い皮の肉饅頭みたいなもんですよね。(^^)

日本で焼き餃子が主流になった背景には、終戦直後に満州地域に取り残された日本人が、残り物の餃子を焼いた物を中国人から分けてもらった事が起源であると言う説があるが、日本式焼き餃子と同じ調理法の鍋貼などもともと存在するため定かでは無い。

(Wikipediaより引用)


中国での焼き餃子の一般的な扱いは、晩ご飯として食べた水餃子の余り物を、翌朝に焼いて食べるものということなのだそうです。
腹ぺこで大陸を逃げまどっていた引揚者がやっと食べることが出来た、残り物の焼き餃子は、格別なものであったのでしょうね。

とはいえ、中国でも日式ブームの影響で、日本風の焼き餃子も広まりつつあるようです。
「餃子の王将」も中国に進出しているようで、その店舗を大連でも何件か見ることがありました。
P1010259.jpg
当日の深夜、泊まっていたホテルが新年パーティを行うということで、無料で餃子を食べ放題で振る舞っていました。
水餃子しかありませんでしたが、これもなかなか美味しかったです。(^^)

コメント

No title

ひさびさコメントです。
気候の関係上、小麦が穫れる所と米が穫れる所は分かれるので、餃子はそもそも、小麦でできた皮を主食として食べるものとして作られ、それで、分厚い皮であっさりした味の水餃子がもっぱら食されています。
日本では既に米という主食があったため、具の方がメインのおかずとみなされ、それで、薄い皮でこってりした焼き餃子が好まれてますね。

No title

王将は中国料理店として認識されているんでしょうか?w

No title

>田村@昭南島さん

お、昭南島…。(^^)
なるほどー。
やっぱり、日本人的には水餃子食べても、なんか主食が食べたいのですよね。

> AMIさん

入ってないのですが、日式料理店として認識されてるみたいですよ。
看板も敢えて日本語で書いてありますし。

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。