スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小惑星探査機「はやぶさ 帰還カプセル」特別公開

IMG_1121.jpg
名古屋市科学館で、小惑星探査機「はやぶさ 帰還カプセル」特別公開をやっていたので行ってきました。
10月18日(月)まで行われますが、土日は名古屋祭りもあるので混むと思いましたので…。
平日午後のせいか、列待ちも無くさくっと入れました。^^

展示してあったのは、インスツルメント・モジュール搭載電子機器部・パラシュート・エンジニアリングモデルなどです。このうち前3者が宇宙から帰還してきた実物で、エンジニアリングモデルは実物と全く同じ製品だそうです。実物自体は大気圏突入時に焼け焦げ、現在研究施設で研究中とのことです。
大気圏突入時は1万度に達するそうですが、エンジニアリングモデルの表面が溶けて膜を作ることにより、エンジニアリングモデルの表面温度は6000度、エンジニアリングモデル内部は60度に保たれ、各部品やカプセルが守られるということでした。
エンジニアリングモデルは両手に抱えられる程度の小さいもので、そのまま台所の鍋として置いてあっても違和感がないものでした。^^


はやぶさグッズ販売コーナーでは、はやぶさTシャツとか売ってました。
アオシマの「はやぶさ」のプラモデルは完売してました。(゚д゚)!

なかなか無い機会だと思いますので、行ける方は是非どうそ。^^
IMG_1130.jpg
2011年3月に開館予定のプラネタリウムドームもかなり完成していました。
ビルの間から、今にも転がり出しそうだ。
20世紀少年に出てくるロボットにしか見えん。^^;

IMG_1124.jpg
反対側から見るとこんな感じ。
手前側の半球ドームは旧プラネタリウムです。
子供の頃に何回か行ったことがあるので感慨深いです。

コメント

No title

No title

それは売っていませんでした(笑)

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。