スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍馬伝」終了

yataro.jpg
 龍馬伝
 演出:大友啓史
 脚本:福田靖
 主演:福山雅治

NHK大河ドラマの「龍馬伝」の最終回を見ました。(^^)
龍馬暗殺の最大の見せ場で、愛媛県知事選の選挙速報のテロップが入ったのにはぶっ飛びました。^^
…しかし、それより衝撃的だったのは、岩崎弥太郎の死去のシーンでした!

結局、よく分からない作品だったというのが、率直なところ。
龍馬をモデルとしている、何か別の物語というか。
まぁ、昨年の上杉家をモデルとした、パロディ活劇よりはマシかな…。
来年の大河ドラマは、期待できなさそうだから、第1回は一応見ると思いますが、多分続けては見ない予感…。
まぁ、坂の上の雲に期待です!ヽ(´ー`)ノ
結局、人の良い龍馬で終わってしまった。
 物わかりが良く
 仲間や部下を大事にし
 上司や世話になった人の顔も立てる
 ついでにイケメン(笑)
理想の中間管理職といったところですか。

きっとこういう龍馬がいたら、誰からも愛されると思います。
でも、激動の時代を変革する時代の寵児にはなれないのではないかと思います。
…まぁ、現在の日本人からは、このような小市民が理想像になるのかもしれない。

コメント

No title

昼食時にたまたま再放送をやっていたのでラストだけ見たのですが、延々流血シーンをやっててグロかったw 変に規制が入るよりはいいのかもしれないけど、ドラマなんだからもうちょっと綺麗に死なせてやってもいいのでは?と思ったり。

No title

そーですね…。
ノーテンキ龍馬が最後の見せ場だけシリアスになったという印象です。
メリハリがある演出、なのかなぁ?^^;

No title

龍馬伝についてですがあなたたちはナにも分かっていない。龍馬伝トは全体としてみると、かなり波がある激しいドラマとして有名ですが、「アマデウス」をモチーフとした泥臭さが光るドラマです。演出家が風変わりな方で、ハンディカメラを多用しているせいとも言われています。「坂の上のクモ」などというナチス時代のプロパガンダ映画のようなドラマを評価しているようじゃあいけない。あれはとにかく評価を良くしてもらおうと「おくりびと」のスタッフをいれたりなどどこの面からみても醜いドラマです。
全くあなたたちにゃわかっていない

No title

龍馬伝は、確かにカメラワークはなかなか良かったですね。
「坂の上の雲」の史観に対する批判は、ドラマの制作スタッフではなく、司馬遼太郎にした方が良いかと思われます。^^;

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。