スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一乗谷朝倉氏遺跡

PB270172.jpg
福井県福井市城戸ノ内町にある一乗谷朝倉氏遺跡へ行きました。
私は行くのは、多分3回目です。
ここは、城跡や朝倉館跡だけではなく、復元ですが、城下町の町並みが再現されてます。
寒い中、時代衣装を着た人もいて、ご苦労様です。^^

PB270174.jpg
発掘調査によって、かなり忠実にかなり再現されていて、再建されなかった屋敷跡には礎石が置かれています。
一乗谷川や近隣の山といった景色も風光明媚で、なかなか良いかと。

PB270180.jpg
こちらは朝倉館跡です。
唐門は、朝倉義景の菩提寺の松雲院の山門が移築されたものです。
山側以外の三方には、土塁と堀があります。

PB270182.jpg
館跡庭園から朝倉館跡の全景を撮影したものです。
発掘調査によって、建物の縄張りは判明しているようで、礎石が置かれています。
足利義秋がこの地に滞在したのもむべなるかなという感じの立派な屋敷跡でした。

一乗谷朝倉氏遺跡(いちじょうだに あさくらし いせき)は、福井県福井市城戸ノ内町にある戦国時代の遺跡である。戦国時代に一乗谷城を中心に越前国を支配した戦国大名朝倉氏の遺跡。一乗谷城(山城)と山麓の城下町(朝倉氏および家臣の居館)からなる。
遺跡全体(面積278ヘクタール)が国の特別史跡で、そのうち4つの日本庭園は一乗谷朝倉氏庭園の名称で国の特別名勝の指定を受けている。

(Wikipediaより引用)


sb.jpg
白戸家のお父さんの実家は、一乗谷らしいのだけど、周りには余り民家は見あたらないのですけどね…。^^;
まぁ、無くは無いけど。
一乗谷朝倉氏遺跡にも、ソフトバンクのポスターが掲載されていました。

あと、エントランスで、「朝倉義景を大河ドラマの主人公に」という署名活動をやっていましたが、流石にこれは無理ではないかと。^^;
最期は悲惨な終わり方をするし…。

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。