スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江~姫たちの戦国~

gou.jpg
 江~姫たちの戦国~
 演出:伊勢田雅也
 原作・脚本:田渕久美子
 主演:上野樹里

戦国末期から安土桃山時代までの時代は、まさに波瀾万丈の時期であり、大河ドラマの定番の時代ですね。^^
そうでなければ生き残れなかったからではありますが、生き生きとした武将達の活躍は、あたかも視聴者にも勇気を与えてくれるかのようです。
最近、「歴女」と呼ばれる戦国武将好きな女性が増えているようですが、漢らしい武将に引かれるのはよく分かります。(もっとも、戦国BASARAなどのゲームの影響が大きいようですが。)

さて、今回の大河ドラマは舞台は戦国時代なので、期待が高まりますが…
あれ、主人公はお江…なぜに女性なの…
おまけに、脚本家が薩摩嫁入り物語の「篤姫」の人だとは…(´・ω・`)

ううーん、バックに流れる音楽も、なんだかお昼のメロドラマ調…
これはちょっとキツイかも…(;´Д`)

そうですね…褒めるところを探すと、浅井長政役の時任三郎、織田信長役の豊川悦司は渋くて格好良かったです。^^
また、足利義昭役の和泉元彌も…志村のバカ殿を彷彿とさせて、かつての人気狂言師のなれの果てが涙を誘いました。^^;
まぁ、臨界点に達するまで見ることになるかなぁ。本能寺の変の当たりまではそれなりに楽しめるかもね…。

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。