スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

eva2.jpg
 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
 監督:庵野秀明
 声優:緒方恵美、林原めぐみ

この作品は、前述のとおり映画館では見ておらず、最近DVDをお借りしてみたものです。
ですので、正確には2.22ということになるらしい?
本作は、テレビシリーズの第八話から第拾九話までに一応当たります。
ただし、「破」とは、エヴァンゲリオンの世界を「破壊」するということらしくて、テレビシリーズからはかなりストーリーが外れています。

まぁ、もう公開から日にちも立ったのでネタバレしても良いかと思いますが、具体的には、新キャラクターや新しいエヴァシリーズの投入、アスカがトウジの代わりにあっさり消える(涙)、初号機の覚醒といったところです。
最期は、思いっきり思わせぶりな最期で終わっています…。
正直、次回作がどのような展開になるのか読めないので、次回が楽しみ、というか不安です…。(;´Д`)
旧作のファンは、以前からのイメージを持っているため、そのイメージが「破」されると、一体今までの作品は何だったのよ?というマイナスイメージを持ってしまう可能性があるというのは、差っ引いて読んで下さい。

旧作は、色々と伏線を張り、何とでも解釈されるような話の持って行き方だったのですが、例えば最期のシーンなど、本作では割とはっきりと展開を描いています。
ある意味、旧作以上の大風呂敷を広げたようにも思われますが、これをどうやって話を完結させるのかが見物だと思っています。
おかしな展開を見せるようなら、また騙された…という印象を受けてしまうでしょう。

あと印象として、旧作は人物の内面描写というか、精神面で問題があるキャラが多かったのですが(笑)、今回の作品ではおしなべて常識的になっていました。
また、新キャラクターのマリは、破天荒な性格がアスカと重なっており、キャラ立ちとして成功していないように思えますが、これも今後の展開次第ということなのでしょう。予告編を見る限り、次回作にはアスカが出るようですし。

いずれにせよ、今回の「破」が成功だったのか否かは、次回以降の展開で決まるのかなと思っています。

コメント

No title

安西先生
「すべての謎に決着がつく。ラストは大団円」(TVシリーズ企画書最終話より)
が見たいですw

No title

どこが大団円なんじゃー!^^;
うけるww

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。