スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKスペシャル 日本人はなぜ戦争へと向かったのか(第1回、第2回)

nhks_nihonjin.jpg

以下の日程で、「NHKスペシャル 日本人はなぜ戦争へと向かったのか」が放送されました。
 1月 9日 第1回“外交敗戦”孤立への道
 1月16日 第2回 巨大組織“陸軍”暴走のメカニズム
全4話が放送された時点で感想を述べようと思っていたのですが、第3回が2月27日、第4回が3月6日とかなり先であり、それまで待つと内容を忘れそうなので(笑)、感想を述べてみることにしました。

昨年の12月8日の記事で、日本が戦争を起こした理由と、出口戦略について知りたいと述べたことがありました。
今回の番組は、外務省及び陸軍という官僚機構の事情を述べたものに過ぎず、結論からいうと外交及び軍事に関する明確な戦略は描かれていません。

第1回は主に外交を取り上げ、外務省と陸軍とで諜報情報を共有せずに異なった国家戦略を描き、外務省と陸軍が二重外交を繰り広げて国際的な信用を落とすという内容になっています。
まるで現在の政権の外交を彷彿とさせる内容ですが、おそらく意図的に似せようとして番組を構成したのではないかと思われます。

第2回は主に陸軍の事情を取り上げ、統制派と皇道派で派閥抗争を繰り返しながら、統制派は人事権を掌握してポストを独占し、関東軍や支那派遣軍に同派OBが派遣され、現地軍が全体の利益よりも組織の利益を追求を始め、彼ら先輩の行動を、東京の軍中央の統制が効かなくなる過程が描かれています。
これまた、現在の官僚組織を彷彿とさせる内容ですが、これもおそらく意図的に似せようとして番組を構成したのだと思われます。

恐らくそれらの要因もあろうかと思われるのですが、軍と外交官の国家戦略の不統一性や軍中央と現地軍の戦略を巡る摩擦というのは、多かれ少なかれどの国でも、またどの国家に関わらず会社等のどんな組織でもありえることです。
最終的には、各部署間、本部と現場の意見を吸い上げ、各組織の摩擦を調整し、最終的な国家戦略ないし企業戦略を打ち立てるのが国家指導者あるいは企業経営者の責任だと思います。
まさか当時の国家指導者が何も戦略を考えず戦争に突入したとは思えないので、その点については、次回以降に期待したいと思います。

続きを読む »

無血戦争

 タイトル:無血戦争
 著者:Peter P. Perla
 翻訳:井川宏
 出版社:ホビージャパン

本書出版時は、タイトルの奇抜さと湾岸戦争など地域紛争が多発する時代に突入していたことから、新聞の書評にも取り上げられていた書籍です。
著者のパーラー博士は、オペレーションズ・リサーチ・アナリスト兼プロのウォーゲーマーであり、無血戦争とは流血を伴わないウォーゲームを比喩的に表したものです。(因みに、原題は"The Art of Wargaming: A Guide for Professionals and Hobbyists"です。)
しかし、結構高かったのと、立ち読みの結果、プロ用のウォーゲームへの論述の比重が高いことが分かったので、当時は購入しませんでした。今回、愛知県図書館からお借りすることによって初めて目を通すことができました。^^

本書の構成は次のようになっています。
第1部:背景 ウォーゲームの歴史について述べられています。
第2部:原理 ウォーゲームのデザインについて述べられています。ただし、プロ用のウォーゲームを中心に述べられています。
第3部:将来の展望 主にプロ用のウォーゲームの将来性と活用方法について述べられています。

本書はプロ用とホビー用のウォーゲームの双方について言及されていますが、プロ用とホビー用のウォーゲームの違いは、第2部でも明らかなように、その目的において異なります。すなわち、プロ用のウォーゲームの目的は、教育目的や戦略立案・検証目的であり、ホビー用のウォーゲームは娯楽目的です。
また、ウォーゲームとオペレーションズ・リサーチは質的に全く異なり、プロ用のウォーゲームの焦点は意思決定過程であり、プレイ後のブリーフィングではその決定の当否が議論の中心となります。リアリズムは審判官の判断やコンピュータのサポートシステムに依存しますが、ウォーゲームのモデル化についての議論は焦点を外したレベルの低い議論であり、避けるべきとされています。
ホビー用のウォーゲームにおいては、ミリタリー的な興味を満たすリアリズムもゲームの焦点の一つであることは論を待ちません。

結論的に言えば、本書ではプロ用とホビー用のウォーゲームの融合を目指しています。本書発行時の1990年(訳書は1993年発行)頃には、SPIやVictory Gamesなど、オペレーションズ・リサーチの手法を取り入れたゲームメーカーや、ダニガンやマーク・ハーマンなど国防総省のゲームデザインを下請けしていたデザイナーも健在でしたが、本書発行時から既に20年経ちました。
現在では、ゲームシステムの斬新さに特化した作品や、カード・ドリブン・システムに見られるような、歴史的イベントを追認するに過ぎないゲームも増えて、プロ用のウォーゲームの目的である、教育目的や戦略立案・検証目的とは完全に乖離したホビー用のウォーゲームが増えているように思われます。
しかしながら、歴史的興味やミリタリー的な興味を満たす、娯楽目的としては、むしろ進化していると言えるのでしょう。

ともあれ、プロ用のウォーゲームへの論述の比重が高く、ホビー用のウォーゲームにのみに興味がある方にはお勧めしませんが、プロ用のウォーゲームも含めて興味がある方には、参考になるのではないかと思います。

続きを読む »

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

eva2.jpg
 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
 監督:庵野秀明
 声優:緒方恵美、林原めぐみ

この作品は、前述のとおり映画館では見ておらず、最近DVDをお借りしてみたものです。
ですので、正確には2.22ということになるらしい?
本作は、テレビシリーズの第八話から第拾九話までに一応当たります。
ただし、「破」とは、エヴァンゲリオンの世界を「破壊」するということらしくて、テレビシリーズからはかなりストーリーが外れています。

まぁ、もう公開から日にちも立ったのでネタバレしても良いかと思いますが、具体的には、新キャラクターや新しいエヴァシリーズの投入、アスカがトウジの代わりにあっさり消える(涙)、初号機の覚醒といったところです。
最期は、思いっきり思わせぶりな最期で終わっています…。
正直、次回作がどのような展開になるのか読めないので、次回が楽しみ、というか不安です…。(;´Д`)

続きを読む »

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

eva1.jpg
 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
 監督:庵野秀明
 声優:緒方恵美、林原めぐみ

「新世紀エヴァンゲリオン」と言われると、かつての抱いた熱狂と、期待が大きかっただけに受けた失望を思い出す人も多いはず。
忘れかけていた頃に、そのエヴァンゲリオンが帰ってきました。
本作は2007年9月に封切られた作品であり、懐かしくて、当時劇場で見る機会がありました。
その時は、旧作のセル画をそのまま使っていると思っていたのですが、今回お借りしたDVDの解説を読むと、どうやら原画などの素材をデジタル化して、作品として再構築するリビルドという手法を取っており、一応全て描き換えてあるのだそうです。

で、肝心の内容は、基本的にテレビシリーズの第壱話から第六話までのお話になってます。
特にヤシマ作戦は、重点を置いて描いてあるようで、映画のクライマックスを飾るなかなか気合いの入った描写になっています。
相変わらず、様式美の美しさや、戦闘シーンの迫力も健在でした。

総集編としてはそれなりに良い出来だと思いますが、以前見たことがある人は無理して見なくても?という気もします。
私はこれを見て、次回作は見なくて良いかなと思ったのですが、それは誤りであったことが後に分かりました。

江~姫たちの戦国~

gou.jpg
 江~姫たちの戦国~
 演出:伊勢田雅也
 原作・脚本:田渕久美子
 主演:上野樹里

戦国末期から安土桃山時代までの時代は、まさに波瀾万丈の時期であり、大河ドラマの定番の時代ですね。^^
そうでなければ生き残れなかったからではありますが、生き生きとした武将達の活躍は、あたかも視聴者にも勇気を与えてくれるかのようです。
最近、「歴女」と呼ばれる戦国武将好きな女性が増えているようですが、漢らしい武将に引かれるのはよく分かります。(もっとも、戦国BASARAなどのゲームの影響が大きいようですが。)

さて、今回の大河ドラマは舞台は戦国時代なので、期待が高まりますが…
あれ、主人公はお江…なぜに女性なの…
おまけに、脚本家が薩摩嫁入り物語の「篤姫」の人だとは…(´・ω・`)

ううーん、バックに流れる音楽も、なんだかお昼のメロドラマ調…
これはちょっとキツイかも…(;´Д`)

そうですね…褒めるところを探すと、浅井長政役の時任三郎、織田信長役の豊川悦司は渋くて格好良かったです。^^
また、足利義昭役の和泉元彌も…志村のバカ殿を彷彿とさせて、かつての人気狂言師のなれの果てが涙を誘いました。^^;
まぁ、臨界点に達するまで見ることになるかなぁ。本能寺の変の当たりまではそれなりに楽しめるかもね…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。